建設の求人にまつわる噂

建設業界には様々な仕事があります。その幾つかをご紹介します。

建物を作り上げていく仕事が「建設施工管理」であれば、道路や橋、トンネルなどを作り上げていく仕事が「土木施工管理」です。

土木施工管理は、社会基盤を作っていくというとても責任の大きな仕事。

実際に、皆が利用している道路などの交通網はすべて土木施工管理に従事する人が作っているのですから、すごいことです。

具体的な仕事内容は、受注したものに対して、どうやって完成させるかを決めていきます。

工程の立案はもちろん、原価計算、品質管理、下請け会社への発注と指示、など、出来上がりまですべてを管理するのが土木施工管理の仕事。

大手ゼネコンの大きなプロジェクトに参加したり、海外案件に取り組んだりすることもあります。

建設業界の中でももっともダイナミックな仕事と言えるでしょう。

土木施工管理に従事する人の平均年齢は37歳。

平均年収は300万円以上400万円未満です。

建設業界の中ではかなり低い年収ですが、資格や優れた技術を持っていたり、ビッグプロジェクトに参加できるようになると、一気に給与は上がります。

中には年収1,000万円程度もらっている人もいます。

最初は大変ですが、努力次第でどんどんステップアップしていける仕事と言えるでしょう。

土木施工管理の求人は、一般求人誌を利用するよりも、キャリアコンサルタントや建設業界専門求人誌を利用する方が見つけやすいし、条件の良い現場に行くことができます。

◆参考サイト⇒施工管理技術検定とは – 一般財団法人建設業振興基金 試験研修本部

水曜日, 30 7月 2014 on 建設業界の仕事.

Comments are closed.